2019.03.14

テーブルフォト 撮り方いろいろ

  • 今回は、使いこなし術でご紹介したカメラの使い方の実践編として、テーブルフォトの撮り方を作例をみながらご紹介します。

  • AQUOSでテーブルフォトを撮るときに知っておきたい基本機能
    1. 被写体に思い切り近づける

    AQUOSのカメラは、被写体に思い切り近づけるのも大きな特長ですので、ぜひ近づいて撮影してみましょう。被写体に近づくほど、前後のボケ方が大きくなり、立体感のある写真になります。思い切り近づくだけでマクロ撮影も可能になります。ピントが合いにくい場合は、画面をタップしてピントと合わせます。

    2. 背景をぼかせる「背景ぼかし」モードがある

    通常の撮影よりも背景をぼかして主役の被写体を際立たせた写真を撮ることができます。撮影後にピントの位置とぼかしの量を何度でも変更することができるのが最大の特長です。
    ※AQUOS sense2 のメインカメラには「背景ぼかし」は搭載されていません。

    3. 色の鮮やかさやコントラストを調整できる

    マニュアルでは、デジタルカメラのような本格的なマニュアル撮影を行うための設定項目が用意されています。色味やメリハリ、質感などの項目を自由に設定できます。一度調整した設定は、カメラを再起動してもそのままの状態を保ち、撮影モードもマニュアルの状態でカメラが起動します。

    4. AIが料理や花を認識して画質を調整してくれる

    AIオートでは、被写体を認識すると、シャッターボタンの上に、検知した被写体のアイコンが表示され、下の作例のように、AIが撮影シーンや被写体を自動検知して、ピントや明るさ、色などの設定を適した状態に調整してくれます。

  • 背景が少しボケるだけで雰囲気が変わる

    「背景ぼかし」モードの最大の特長は、撮影後にピント位置やぼかし量を調整できることですが、調整を前提にせずに、撮影モードを「背景ぼかし」に変更して撮影するだけでも背景がぼけて十分に雰囲気を出すことができます。難しいことを考えずに一度挑戦してみましょう。

    左:「背景ぼかし」で撮影 / 右:「マニュアル」で撮影

    左:「背景ぼかし」で撮影 / 右:「マニュアル」で撮影

    黒田 智之 くろだ ともゆき
    1971年東京生まれ。公益社団法人 日本写真協会会員。
    アートディレクター、フォトグラファーを主として音楽、映像、出版、広告などで活動。近年では、スマホ写真を中心に写真の撮影・プリントに関する書籍の執筆やセミナー、ワークショップ等の講師も務める。近著には『「いいね!」を増やす スマホ写真の撮影レシピ』(シーアンドアール研究所刊)などがある。

PHOTOギャラリー一覧に戻る

その他PHOTOギャラリー

特集記事もご覧ください