特集記事

2021.02.10

AQUOS sense5G カメラ使いこなし術 -実践編-

  • 今回の特集の内容
    人物を撮ってみよう
    1. カメラを使い分けよう
    2. 被写体の目線よりカメラを下げよう
    3. 背景と一緒に撮るイメージで
    4. シンメトリー
    マニュアル撮影でレベルアップ
    1. とにかく色合いは鮮やかに撮る
    2. 本気で撮るならスローシャッター
  • 今月のPHOTOSHOWは、AQUOS sense5G のカメラについて、先月の基本機能編の続編として、AQUOS sense5Gで撮影した写真を、撮影時のポイントを交えながらご紹介する実践編です。

  • 2. 被写体の目線よりカメラを下げよう

    人物を撮るとき、特に近づいて撮るときのカメラの高さは、被写体の目線より下に位置するようにすると、頭でっかちにならず、顔と体のバランスがよくなります。スマホを逆さまにして構えると、カメラの高さがおのずと下がるのでおすすめです。

  • 4. シンメトリー

    左右対称のシンメトリー。風景や建築物ではよく使われる構図ですが、人物でも撮ってみましょう。左右対称が故の安定感があり、不思議と写真が上手く見えます。建造物+人物の組み合わせをいかした撮影では特におすすめです。

  • 「マニュアル撮影でレベルアップ」
    とにかく色合いは鮮やかに撮る

    WB: 4200 / ISO: 50 / シャッター速度: 1/12秒 / 色合い: 7 / コントラスト: 5 / 明瞭度: 7

    料理や風景の写真は、「色合い(彩度)」を調整して鮮やかに撮るだけで、写真を見返したときの「あれ?もっと綺麗だった…」と感じることがなくなります。「色合い」のおすすめの調整値は「6」または「7」程度がおすすめです。作例は、彩度(色合い)を「7」にしています。また、透明感が出るように、ホワイトバランスをほんの少し青みがかるようにして調整しています。

  • AQUOSのカメラでどんどん撮って、
    Google フォトで思い出をもっと楽しもう!

    今回の特集で壁紙設定の方法を紹介した「Google フォト」には、写真、動画をもっと楽しめる機能が盛りだくさん。
    あなたの「思い出の保管場所」として、ぜひご活用ください。

    Google フォト特集ページで、特長機能を紹介しています。

特集記事一覧に戻る

用語解説おさらい

その他特集記事

関連するギャラリー